商品情報にスキップ
1 1

【LP】Gato Barbieri - Club Jamaica (Buenos Aires) en vivo 1961

【LP】Gato Barbieri - Club Jamaica (Buenos Aires) en vivo 1961

通常価格 ¥3,630 JPY
通常価格 セール価格 ¥3,630 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

注文から1~2日で発送

モダン・ジャズの知られざる歴史の1ページとはまさにこのこと!!
名サックス奏者ガトー・バルビエリの現存する音源で実質的初リーダー作となる作品がまさかの発掘!!

アルゼンチン出身の名サックス奏者ガトー・バルビエリが拠点をローマに移す数カ月前の1961年にブエノスアイレスの伝説のクラブ・ジャマイカで行われた未発表音源が発掘!ガトーは拠点を移したのち、ドン・チェリーと出会いフリー・ジャズから影響を受けた作品を1967年にESPから発表しますが、1960年代初頭のリーダー作は確認されておらず本作が現存する中での実質的初リーダー作とすることができる驚愕の1枚。


コルトレーンの"Impressions"や"Village Blues"、コール・ポーターの"What is this thing called love?"、"Round Midnight"といった良い選曲でゴリゴリのモダン・ジャズを披露しており、当時24歳のルーベン・ロペス・フルスト(!!)もピアノで参加した当時のアルゼンチン・ジャズの美味しい部分が凝縮されたような内容です。プロによるライブ録音ではございませんが、それをはるかに上回る貴重な内容であることは間違いないのではないでしょうか。

モダン・ジャズの知られざる歴史の1ページとして資料的にも価値のある1作がまさかの発掘です!!ジャズ好きの方はこれはお見逃しなく!!

■Gato Barbieri - Tenor Saxophone
Ruben Lopez Furst - piano
Jorge Gonzalez - bass
Tony Harris - drums

LABEL: DISCMEDI / DM540601

返品について - 商品に不良箇所がある場合、ご注文内容と異なる場合のみ、返品、交換対応させていただきます。-

詳細を表示する