商品情報にスキップ
1 2

【CD】MONKY - emergence

通常価格 ¥2,640 JPY
通常価格 セール価格 ¥2,640 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
BLACK BOTTOM BRASS BANDのサックスプレイヤー/コンポーザーMONKYが、グループ脱退後初となるソロ・アルバム『 emergence』をリリース。
 cro-magnonの金子巧はじめ実力派ミュージシャンを招き、Hugh Masakela、Charlie Parkerのカヴァーをはじめ、ファンク、アフロ、ヒップホップ等多彩なアプローチを展開した新時代のジャズ・アルバムが完成。

 26年間メンバーとして活動を続けきた日本が世界に誇るニューオーリンズ・ルーツのブラス・グループBLACK BOTTOM BRASS BANDを2019年末に脱退。ソロ活動のヴィジョンを描く最中に迎えた”コロナ禍の特殊な状況の下”、自身の中で沸沸と沸いてくる感情を捉え制作をスタート。
cro-magnonの金子巧、三宅伸治BANDのベーシスト髙橋 "Jr." 知治 、Akoya Afrobeat EnsembleのドラマーYoshio Tony Kobayashi、THGことギタリストの白石才三、ハンドパン奏者REO MATSUMOTOをゲストに迎え、「出現、発生,登場」を意味するアルバム『『emergence』を完成。
 自粛期間中に楽曲のベースをMONKY自身で作り上げ、自粛解除後に参加ミュージシャン達とセッションを重ねながらアルバムを完成させていくという、2020年だからこそのプロセスで生まれた作品になっている。

 金子巧によるエレクトリック・ピアノ・ソロや、Yoshio Tony Kobayashiによる躍動的なドラミング、そしてMONKYによる高揚感に満ち溢れるサックス・プレイが光るジャズダンサー「Missing You」(DJも要注目!)、REO MATSUMOTOによるハンドパンがトロピカルなマジックを巡らせるHugh Masakela「Grazing In The Grass 」カヴァー、Robert Glasper周辺のヒップホップとジャズの融合感覚ともシンクロする絶品メロー「Street Dungeon」、ノンビートで暖かなスピリチュアル・ナンバー「羽化」、そしてヒューマンビートBoxとのスリリングなセッションとなるCharlie Parker「Donna Lee」カヴァー迄、8つの珠玉の名曲揃う1枚に。

-Track List-
01.Stay Home Strut
02.Missing You
03.Grazing In The Grass
04.Bouncing Boys
05.Street Dungeon
06.羽化
07.Green Beach Drive
08.Donna Lee


PLAY DIGEST▶
02.Missing You
03.Grazing In The Grass
05.Street Dungeon
06.羽化
08.Donna Lee


参加ミュージシャン
MONKY:Flute,Soprano Sax,Alto Sax,Tenor Sax,Baritone Sax,Programming(1,7)
髙橋 "Jr." 知治:Bass(1,2,3,4,5,7)
金子 巧:Keyboard(2,3,4,5),Piano(6,8)
白石才三:Guitar(1,7)
REO MATSUMOTO:Hand Pan(3),Human Beat Box(8),Beat by re os(5)
Yoshio Tony Kobayashi:Drums(1,2,3,4,7)






<アーティストからの推薦文>

-綾戸智恵-

「アヤドさーんアルバムできたんでなんかコメント書いてくださーい、とモンキーから電話。BBBB(Black Bottom Brass Band)かと思いスマホを押して聞こえてきたのは、彼のソロアルバムやった。世界中がコロナで過ごす毎日をサックスで表現か。ニクいね!
そしてドナリーまで聞いた。
モンキーより上手い人もヘタな人も、わんさかおる。が、この音きいたらすぐわかる。
モンキーや!これが、あいつのジャズサウンド。
ニクイね!」


-三宅伸治-

「emergenceに寄せて
モンキーの再スタート、初ソロアルバムが
素晴らしい。自らエンジニアとなって、仲間達と楽しく丁寧に作りあげたポップでソウルフルなナンバーばかり。
とても気持ちいい!
キングカーティスならぬ、キングモンキー!
最高だぜ!」


-Tsuyoshi Sato(BLACK EDITION)-

「MONKYからファンキーなジャズアルバムが届いたよー。
The RoomでP.Aさせてもらってた「米子トリオ」でも馴染みのフレーズの曲もあり、しばし気持ちは渋谷へ。
ライブでもいつも思ってたけど、MONKYの曲中での居場所というか立ち位置が素晴らしい。参加したメンバー(バッチリの布陣)との信頼関係もあると思うけど。そして、あの特徴ある渋いSaxの鳴りもしっかりRECされてて、ライブを観たくなるす。(配信じゃない、生のね)。
動向が気になってた男の初ソロアルバム、激しすぎず、Cool過ぎず、Happy、まさにMONKYらしい作品。これは長く聴くと思うのでアナログでも欲しいな。」


-Darthreider-

「これがMONKYの鳳凰ストラットだ!
家にいても山にいても川にいても…バウンシーなビートが表出したらそこにエネルギーが再び宿り、再び踊りながら気づく。
僕は復活した!」




-Toshizo Shiraishi a.k.a. THG-

「26年間続けたバンドを辞めた男のアンサーがこれだ!
長年に渡りバンドを支えてきたブラスアレンジはそのままに、よりファンキーにグルーヴィーにタイトにブラスバンドでは表現しきれなかったMONKYの才能が個性豊かな仲間達と不死鳥の様に舞う『emergence』!!!
このアルバムを聞けばあなたもきっと新たな扉を開きたくなるはず!!!」




-金子巧-

「ファンキーMONKYジャズ第一弾!
記念すべきソロになって初めてのアルバム!!
歌うサックスのメロディにブラスアレンジが絡み合う。
MONKYの新境地が垣間見れたりする曲や、ライブでお馴染みの曲が収録されている、溢れた創作意欲を詰めこんだ渾身の作品!」



Label:家永吹産/ISR-001