商品情報にスキップ
1 4

【LP】Os Tatuis -Os Tatuis

通常価格 ¥3,300 JPY
通常価格 セール価格 ¥3,300 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

2タイトル同時リリース!アジムスの鍵盤奏者/バンドリーダーとして知られる故ジョゼ・ホベルト・ベルトラミが、 そのキャリア初期に残していたジャズボサ・アルバムを、FAR OUT RECORDINGSが復刻。

アジムスの一員として、また類まれなる鍵盤奏者としてエリス・レジーナ、ミルトン・ナシメント、マルコス・ヴァーリといった国内のアーティストだけでなく、ジョージ・デューク、サラ・ヴォーン、エ ディ・パルミエリといった北米のミュージシャンとも共演。ブラジルを代表するマエストロとして活躍した故ジョゼ・ホベルト・ベルトラミ。そんなベルトラミが、キャリアの最初期に正統派ともいえ るジャズボサ作品を残していたことはあまり知られていない。1946年にブラジル・サンパウロ州の小さな町タトゥイで、名門タトゥイ音楽院で教授を務める父のもと、7人兄弟の長男とし て生まれたジョゼ・ホベルト・ベルトラミだが、その音楽家人生は波乱に満ちたスタートだった。7歳でピアノを始めるも2年ほどで興味を失い、ほとんどの時間をサッカーに打ち込み、それ 以外はレールから外れた人生を謳歌。ベルトラミ自身、その時を振り返り「プロフェッショナルな放浪者」として形容するほどであった。そんな状態を見かねたベルトラミの母は、彼を慈善 施設へと送り込むが、そこでもベルトラミは勝手にジャムセッションを開くなど破天荒な言動を繰り返し2年で退学させられてしまう。荒んだ生活を送っていたベルトラミだったが、ビル・エ ヴァンスとマイルス・デイビスの音楽に出会うことでジャズにその情熱を注ぎこむようになる。また当時興隆を極めていたボサノヴァにも興味を持ち、とりわけタンバ・トリオ率いるルイス・エサに 強く惹かれていった。10代の後半にはナイトクラブで演奏するために、サンパウロの中心街まで電車で通い、多くの音楽家と交流を深めるようになる。今回復刻される2タイトルは、そん なベルトラミのキャリア最初期に録音された作品である。こちらは1965年に録音・リリースされた作品で、その名も『OS TATUIS(=タトゥイの者たち)』。弟でもあるベース奏者のクラウ ヂオ、ドラムのエリゼウと形成するピアノ・トリオにトランペット、テナーサックスの2管、曲によってはオルガンを配したコンボ編成で、ジョビンをはじめホベルト・メネスカル、カルロス・リラ、ドゥル ヴァル・フェヘイラといったボサ・マエストロたちの楽曲、さらには自身のオリジナル曲 "A Bossa Do Ze Roberto" などを録音。レーベルはジョンゴ・トリオ、ペドリーニョ・マタール等の良作 を残したサンパウロのジャズボサ老舗として知られる FARROUPILHA で、同レーベルらしいサロンの色香残る上品なテイストと、ベルトラミのリリカルなピアニズムが見事に融合してい る。同レーベルに残された作品群のなかでも屈指の内容を誇る一枚としてボサノヴァ、ジャズボサ・コレクターには人気の高い一枚だ。



-Track List-
1.VivoSonhando
2.Nuvens
3.InutilPaisagem
4.Você
5.AMorteDeUmDeusDeSal
6.Insensatez
7.ABossaDoZeRoberto
8.Primavera
9.SambaDoAvião
10.SouSemPaz
11.MinhaNamorada
12.OMeninoDasLaranjas

Piano, Arranged By – José Roberto Bertrami Contrabass – Cláudio Henrique Bertrami Drums – Elizeu de Campos Vieira Trumpet – Ivo Mendes Tenor Saxophone – Og Vasconcelos Organ, Directed By – Aresky Aratto

Recorded By – Herón Atelmann Recorded At – Estúdio Magisom Coordinator – Os Farroupilhas Cover – Franklin França


Label:FAR OUT RECORDINGS(FARO232LP)