Skip to product information
1 of 1

【7"】Optic / Ackky - Telephone Song / Purple City

【7"】Optic / Ackky - Telephone Song / Purple City

Regular price $14.00 USD
Regular price Sale price $14.00 USD
Sale Sold out
Tax included. Shipping calculated at checkout.

注文から1~2日で発送

ストレートとナックルボールを投げ分けながらヒットを飛ばすカレー屋まーくんによるリエディット・レーベルOne Side Kutからの新作7"!

One Side Kutの9弾となるニュートラックは世田谷のビートメーカーOpticをフューチャリングして誰もが知る80's屈指のクラシックR&Bをビートダウン・エディット。前作に続き間借り形式でのBサイドはAckkyによるディープハウス・トラックを収録。多くのハウスDJにプレイされた前作同様オープンエアにもフィットしたトラックです。



-Track List-

A 1. Telephone Song
B 1. Purple City


【プロフィール】
Optic・・・LA出身、世田谷を拠点に活動。音を情景とシンクロさせるビートメイキング、ブラックミュージックへの愛からインスパイアされたグルーヴとサンプリングセンスを下地にDJ活動より培った多彩な音楽ジャンルのエッセンスを掛け合わせた、黒さや儚さ、哀愁感がシームレスに絡み合う楽曲を生み出す。2023年度末アルバム『From Setagaya With Love』をリリース予定。


【Works】
2019「Moody Like 95'」 Cassette Tape
2021「SURF BREAKS」 Cassette Tape
2021 「Alley Oop/Wutsusemi」 7 Inch
2022 「Lovescale.」 Cassette Tape

【Placements】
2018 Amazon Fashion WeekにてTOKYO FASHON AWARD受賞ファッションブランドChildren of the discordanceの楽曲提供
2022 香港Centrestage EliteにてChildren of the discordanceのインタビュー楽曲提供

--------------------------

Ackky(journal)・・・ 東京生まれ。90年代初頭から東京クラブシーンで活躍するDJやミュージシャンに影響を受け、自身もDJへと傾倒していく。オリジナルトラックの制作も行い、<Radloop Records〉より7インチシングルを2タイトル、2018年には〈HMV Records〉よりHiraiwa Katsunori氏との共作7インチをリリース。デザイナーとしても長期に渡り活動し、現在はセルフブランドJournalを運営しながら、様々なブランドへデザイン提案を行う。

 

Label:One Side Kut(osk09)

返品について - 商品に不良箇所がある場合、ご注文内容と異なる場合のみ、返品、交換対応させていただきます。-

View full details